FC2ブログ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

11.11

グラスゴー

28 AUG - 4 SEP 2011 Glasgow

1日目
 ロンドンから飛行機でグラスゴーに移動
 空港からバスでグラスゴー市内に着いたのが20時すぎ
 バス停からホテルに行くのに道に迷って途方にくれていると、
 とある親子が声をかけてくれたので、ホテルまでの地図を見せると、
 
「坂が多いからタクシーで行くべきよ」

 と言われました。

 ホテルはバス停から徒歩5分くらいのはずなので、なぜに???
 そして、結局なんだかよくわからず。
 しかも、その子供に
 
「Lost! Lost!」

 と笑われるし。

 結局自力でホテルを見つけました。
 実際、バス停から超近かった。
 たしかに坂はあったけど。

2日目
 グラスゴー市内はこんな感じ。
  IMG_1280.jpg

 ロンドンとはまた違う雰囲気です。


 とりあえず、グラスゴーで有名だというグラスゴー大聖堂に行ってみました。
  IMG_5093.jpg

 大変古い建物ですが、中はとっても広い。
 色の変わった柱があったので、触っていると、説明員らしきお爺さんが来て、
 「信者さんが触るので色が変わったんだ」
 らしきことを言っていました。
 スコットランド訛りで半分以上聞き取れませんでしたが・・・

3日目
 電車に乗って、スターリンという町へ
  
 町並みはこんな感じ。
 
  IMG_5151.jpg

 素敵な建物が並ぶキレイな町並みでした。
 
 そして、道端で出会ったワンちゃん
 なんとなく「あたくし、ヨーロッパの犬ですのよ」的な雰囲気・・・
 カメラ目線いただきました。

 IMG_1123.jpg


4日目
 旦那さんの学会会場に行ってみることに。
 グラスゴー大学の正門です。
 キャンパスの中も歩きましたが、広いし、建物が絵のように美しくてうらやましい限り!
  IMG_1088.jpg
 
 午後から、電車でハイランドカウという牛が見られるという公園に行ってみることに
 これがHIGHLAND COW
 かわいい~
 お土産に「Highland Cow」という写真集を買ってしまうほどハマッてしまった私(笑)

  IMG_1180.jpg


5日目
 エディンバラにエクスカージョン
 グラスゴーから電車で1時間ちょっとです。
 駅の感じもこれまた素敵!
 それにしても人がいない・・・
  
 IMG_1110.jpg
 
 エディンバラといえば、エディンバラ城でしょう。
 ということで、行ってみました。
  IMG_1135.jpg
 
 日本語オーディオガイドを貸してくれたので、なんとなくですが建物について理解できました
 スコットランドの歴史に関する知見が皆無でしたので、
 「メアリーさん」というお姫様がたくさんいたのね・・・くらいのことしか頭に入りませんでした。
 もともと歴史は苦手なので・・・ ←言い訳
 
 
 それから、スコットランドといえばスコッチウイスキーですよね!
 ということで「ウイスキーエクスペリエンス」という施設に行ってみました。
 ディズニーランドのホーンテッドマンションみたいな乗り物に乗って
 ウイスキーの製造に関する解説を聞きました。
 (日本語バージョンにしてくれました)
 最後には試飲もできて、試飲に使ったグラスはお土産にいただくことができます。
 1階はお土産屋さんになっていて、ちゃっかり購入☆

  IMG_1224.jpg

 ・・・ちなみに私はまったく飲めません。
 旦那さんはスコティッシュウイスキーにハマッてしまいまして、
 「飲まず嫌いだったかも」
 って。

 そういうこともあるんですね。

6日目
 日本へ帰国
 グラスゴーからロンドンに向かう飛行機にギリギリセーフで乗るという
 アクシデントもありましたが、無事に帰国♪

 楽しかったロンドン&グラスゴー旅行

 またいつか行けるといいな。
スポンサーサイト

旅行トラックバック(0)  コメント(2) 

 |  Back

comments

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2012/11/01(木) 12:47:49 | | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2012/11/14(水) 13:43:00 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。